「面白い」は作れる!

お笑いテキスト




グレープカンパニー サンドウィッチマン 漫才

サンドウィッチマン【グルメリポーター】

更新日:

サンドウィッチマン『プロフィール』

お笑いコンビ サンドウィッチマン

1998年9月に結成

(左)伊達みきお
【出 身 地 】宮城県仙台市
【生年月日】1974年9月5日
【血 液 型 】A型
【サ イ ズ 】身長 170cm 体重 88kg、B 110cm W 100cm H 109cm、足のサイズ 27.5cm
【 趣 味 】高校野球予想、Vシネマ鑑賞、各地方の旨いモノを巡る
【 特 技 】生卵とゆで卵を見分けられる
【 資 格 】普通自動車、福祉用具専門相談員
【 役 職 】みやぎ絆大使、東北楽天ゴールデンイーグルス応援大使、ベガルタ仙台仙台市民後援会名誉会員、喜久福親善大使宮城ラグビー親善大使、松島町観光親善大使、伊達美味PR大使、みなと気仙沼大使、富士つけナポリタン親善大使、伊達なふるさと大使
【ブ ロ グ 】サンドウィッチマン伊達の「もういいぜ!」サンドウィッチマンGREEブログ

(右)富澤たけし
【出 身 地 】宮城県仙台市
【生年月日】1974年4月30日
【血 液 型 】AB型
【サ イ ズ 】身長 170cm 体重 86kg、B 110cm W 102cm H 114cm、足のサイズ 27cm
【 趣 味 】スポーツ観戦(プロ野球、サッカー、バスケット、NFL)
【 特 技 】スポーツゲーム、寡黙
【 資 格 】普通自動車免許、普通自動二輪免許、全商英検2級
【 役 職 】みやぎ絆大使、東北楽天ゴールデンイーグルス応援大使、ベガルタ仙台仙台市民後援会名誉会員、喜久福親善大使
宮城ラグビー親善大使、松島町観光親善大使、伊達美味PR大使、みなと気仙沼大使、富士つけナポリタン親善大使、伊達なふるさと大使
【ブログ】サンドウィッチマン富澤の「名前だけでも覚えて帰ってください」サンドウィッチマンGREEブログ

出典:http://grapecom.jp/talents/sandwichman



笑いの分類『知的な笑い』/サゲの分類『へん』

【関連】笑わせ方の根底にある「緊張の緩和」と「笑いの分類・サゲの分類」

漫才『書き起こし』と『ボケの種類』

【関連】ボケの種類 18種

【関連】笑いが起きる法則(フリ・オチ・フォロー)とは



伊達『えーどうもサンドウィッチマンです』

2人『よろしくお願いしまーす』

富澤『僕らもね、色々やってますけど』

伊達『やってますよ』

富澤『もっと頑張ってね、こう芸能界って言うピラミッドの頂点立ちたいじゃないですか』

伊達『あ、お前がそんなふうに思ってたんだ?』

富澤『思ってますよそら』

伊達『あ、そうなんだ』

富澤『はい』

伊達『もう少しじゃあテレビ出る時、喋ってください』

富澤『まあまあそれはいいとしてね』

伊達『そこは喋らないとダメだろ』

富澤『ピラミッドの頂点と言えば』

伊達『はい』

富澤『グルメリポーターじゃないですか』

伊達『あー。まあちょっと俺の思ってるピラミッドとちょっと違う』

富澤『あ、違う?』

伊達『全然違うかもしんないね』

伊達『あ、違った?』

伊達『う〜ん』

富澤『あ、そう』

伊達『グルメリポーターね?いや、でもあれ大変だよ。何回かやったことあるから。難しいんだよあれ』

富澤『だから練習してね』

伊達『うん』

富澤『君麻呂さんみたいに上手くなりたいんだよ』言葉遊びフリ

伊達『彦麻呂さんだよ。君麻呂さんは中高年のアイドルでしょ?彦麻呂さんね』

富澤『だから、そのコキ麻呂さん」言葉遊び

伊達『コキ麻呂さんって誰だよ。彦麻呂さん』

富澤『どっちでもいいんだよ』

伊達『どっちでもいいってどういうことだよ。ピラミッドの頂点立ちたいんだろ』

富澤『練習したいから〜』

伊達『うん』

富澤『俺、グルメリポーターやるから』裏切りボケフリ

伊達『おう』

富澤『あなた、お店の店長さんやって下さい』裏切りボケフリ

伊達『あ、お前がやるんだ?』

富澤『僕がやりますから』

伊達『おう、いいよいいよ』

富澤『ちょっと入って下さい』

伊達『はいはい』



富澤『さ、やって参りました。今日のお店はこちら。T、O、T、O 、TOTOさんですね』裏切りボケ

伊達『どこ、どこ行ってんの?どこ行ってんの?え、なんでお前便器メーカー行ってんの?お前便器食うのか、お前ガッチャンか』(なりきりボケフリ

富澤『ちょっと何言ってるか分かんない』なりきりボケ

伊達『なんで何言ってっか分かんねーんだ。グルメリポーターでしょ?』

富澤『グルメリポーター』

伊達『ちゃんとご飯屋さん行かないとダメじゃん』

富澤『ああ』

伊達『なんで便器メーカー行くの?』

富澤『まあ、二軒目よ』

伊達『一軒目から来いよ』

富澤『一軒目から』

伊達『なんで一軒目便器メーカー行くんだお前』

富澤『さ、やって参りました。今日のお店はこちら。天下一匹ラーメンさんですねー』

伊達『もういいわ、それでいいわ』

富澤『ラーメンとは一体、どんな料理なんでしょうか』過剰ボケ

伊達『それはわかるだろ。ラーメン、』

富澤『ラーメン』

伊達『普段食ってんだろ。スッと入って来いよ』

富澤『はい』

伊達『めんどくせーなー』

富澤『じゃあ早速、「スゥー」(タバコを消す)行ってみたいと思います』失礼ボケ

伊達『お前なんでタバコ吸ってんだよ。なんでタバコ吸ってんのお前、こんなやついねーよカメラ回ってんだろ』

富澤『あ、そうですか』

伊達『スッと入って来いよ』

富澤『こんにちは』

伊達『へい、らっしゃい!(湯切りをしている)』スカシボケフリ

富澤『あ、モグラ叩きしてるとこすいません』スカシボケ

伊達『モグラ叩きじゃねーんだよ。これ湯切りしてんの、湯切り、麺の』

富澤『知らねーよ。ちょっとお話、』失礼ボケ

伊達『お前なんだその態度コラ。なんだその態度』

富澤『お話聞いてもよろしいでしょうか?』

伊達『腹立つから短めにしろ』

富澤『はい、すいません』

伊達『なんだよ』

富澤『こちらのお店にはよく来られるんですか?』裏切りボケ

伊達『店長だわ。平時ずっといるわ』

富澤『雇われ店長ですか?』失礼ボケ

伊達『雇われてねーわ。俺が経営してんの、経営者』

富澤『経営者の方ですか』

伊達『あたりめーだろ』

富澤『こちらのお店はいつ頃オープンされたんですか?』失礼ボケフリ

伊達『まあ、1年ぐらい前かな』

富澤『いつ頃閉めるんですか?』失礼ボケ

伊達『締めねーわ。ラーメンパークじゃねーんだからさ。締めないよお前。潰れるまで頑張るわ』

富澤『あ、はい』



富澤『じゃあ、早速注文の方よろしいですか?』思いこみボケフリ

伊達『早くしてくれよ』

富澤『じゃあ、あちらの食品衛生管理者っていうの頂けますか?』思いこみボケ

伊達『あれメニューじゃねーよ。あれメニューじゃないよ、賞状みてーなやつ』

富澤『あれ』

伊達『あれメニューじゃねーよ。そっから右がメニューだよ』

富澤『あ、こっち側ですか』

伊達『あ、うちはイチ押し、こだわりラーメンだから』スカシボケフリ

富澤『じゃあ、冷やし中華ください』スカシボケ

伊達『こだわり頼めよ。「イチ押しだ」つってんだからこだわり頼めよ』

富澤『あ、こだわりお願いします』

伊達『はい!こだわり一丁!こだわり一丁ー!』失礼ボケフリ

富澤『なにやら1人で叫んでますけどね』失礼ボケ

伊達『いいだろ。活気があって良いじゃねーか』

富澤『えー、じゃあ待ってる間にですね。こちらのお客様のラーメン、頂いてみたいと思います』失礼ボケ

伊達『なんで人の。人の食うなよ。注文したでしょ今?』

富澤『あ、注文しました』

伊達『待ってろよ』

富澤『待ってます』

富澤『なにやらサインがたくさんありますね』

伊達『まあ、いろんな人来てくれるよ』

富澤『あれは誰のサインなんですか?』

伊達『あれはねビートたけしさん来た』

富澤『あら、たけしさん』

伊達『そうだよ』

富澤『えー』

伊達『「美味い!」つって帰ってったね』

富澤『あ、ほんとですか』

伊達『うん。ありがたいよお前』

富澤『芸能人の方もたくさん来られて?』言葉遊びフリ

伊達『結構いろんな人来るねー』

富澤『あとはどんなお客さんが多いんですか?』

伊達『あとはねー。うちは基本的にリピーターさんが多いね』言葉遊びフリ

富澤『ピーターさんが多い』言葉遊び

伊達『ピーターさんじゃない。リピーターさん。』

富澤『あ、リピーターさん』言葉遊び

伊達『池畑慎之介さん、一回も来てない』

富澤『あ、そうですか』

伊達『うん』

伊達『結構ね、朝から並んでくれてるんだよ』

富澤『朝からですか?へ〜』

伊達『うちはスープが無くなり次第、終わりだから』言葉遊びフリ

富澤『あ、スープが無くなったら一貫の終わり?』言葉遊び

伊達『一貫の終わりではない。その日が終わり』

富澤『あ、その日が終わるんですよね』

伊達『一貫には終わらねーよ』

富澤『あ〜そのラーメン、是非今度食べてみたいですね』タイミングボケ

伊達『なんで今食わねーんだよお前?注文したんだろ?』

富澤『作ってますよね?』

伊達『あ、できた?はいはい。へい、お待ち』

富澤『わ、来た。こだわりラーメン。これですか?』

伊達『おう。はいよ』

富澤『湯気がすごいですねー』

伊達『出来立ての熱々だからな』

富澤『ちょっと眼鏡が曇ってしまいました』動きボケ

伊達『掛けてる奴が言うんだそれ。掛けてねーじゃねーか』

富澤『うーん、柚子のいい香り』リアルボケ

伊達『一滴も入ってねーわ』

富澤『あ、入ってない』

伊達『皮も入ってねーわ。早く食えよ』

富澤『あ、店長さん。これスープと麺とどっちからいったらいいですか?』過剰ボケフリ

伊達『いえ、別にどっちだっていいよ』

富澤『どっちでもいい』

伊達『まあスープから行ったらいいよ』過剰ボケフリ

富澤『全部ですか?』過剰ボケ

伊達『なんで全部食うんだよ。「いただきまーす」って奴いるかお前。一口飲んで一口』

富澤『あ、一口』

伊達『めんどくせーな』



富澤『じゃあ、スープから飲んでみたいと思います。(飲む)「アツ!アツ!あつ!」熱いですねー』(なりきりボケフリ

伊達『出来立てだから気をつけろ』

富澤『じゃあ、麺行ってみたいと思います。(食べる)「アツ!」麺も熱い』(なりきりボケフリ

伊達『出来立てだから、気をつけてな。火傷しないように』

富澤『じゃあ、チャーシュー行ってみたいと思います。(食べる)あー、そんなに熱くない』(なりきりボケ

伊達『うるせーな温度。お前、温度の情報しか言ってねーじゃねーか。なんだ熱いとか熱くないとかよー。普通食ったらさ「美味い」とか「まいうー」とかあるだろ』(言葉遊びフリ

富澤『「食いてー」』(言葉遊び

伊達『「食いてー」ってなんだよ。食いながら「食いてー」おかしいだろお前』

伊達『麺はこうですねとか。スープはこうですねみてーのあんだろ』言葉遊びフリ

富澤『麺はこういい感じの縮れ毛』言葉遊び

伊達『縮れ麺だよ。それ陰毛入ってんだろ完全にお前。汚ねー』

富澤『麺も、ちょっと芯のあるアルデンテと言った感じですね』リアルボケフリ

伊達『まあ、表現的には良いね、表現的にはね』

富澤『スープはカルボナーラと言った感じですね』リアルボケ

伊達『ややこしいわ。麺類を麺類で例えんな。な?これとこれが合って良いですねみたいなとかあんだろ』(言葉遊びフリ

富澤『この場所だとよく友達に会いそうですね』言葉遊び

伊達『誰が立地条件の話してんだ。腹立つなお前なー』

富澤『もうスープと麺がこんがらがってるって言う』失礼ボケ

伊達『ぐちゃくちゃじゃねーか。こんがらがったらぐちゃくちゃだろ、不味そうなんだよ表現が。もういいよーお前。もうあの最後のやつ聞いてこい。最後のやつ』

富澤『最後のやつ?』

伊達『なんか聞いてくんだろ。あなたなとってラーメンとはみたいなやつ聞いてくるでしょ?』言葉遊びフリ

富澤『頭にとって顔面とは?』言葉遊び

伊達『なんの話だ?なに「頭にとって顔面とは」?って。ただの頭部じゃねーか。あなたにとってラーメンとはって聞いてくんでしょ?最後』

富澤『あっ。最後にですね、あなたにとってラーメンとはなんですか?』過剰ボケフリ

伊達『まあ俺の人生だよ』

富澤『あなたにとって麺とは?』過剰ボケフリ

伊達『麺は魂だよ』

富澤『あなたにとってスープとは?』過剰ボケフリ

伊達『スープは命』

富澤『あなたにとってチャーシューとは?』過剰ボケ

伊達『…もうねえよ』

富澤『あ、ないんすか』

伊達『ねーよ。そんなに用意してねーわ。なんならただの肉だろ。肉の塊だよ。早く締めろよ、早く締めろよ』(言葉遊びフリ

富澤『首をですか?』言葉遊び

伊達『なんで首絞めんだよそこで。締めのコメント言ってどっか行けつってんだよ、邪魔くせーなお前』

富澤『このラーメンは人気ラーメンベスト100。98位の天下一匹ラーメンでした』失礼ボケ

伊達『98位だったのかよ。もういいぜ。どうもありがとうございました』

2人『(頭を下げる)』

おすすめ】種類分けした”ボケ集”ツカミ集”をまとめた『お笑いノート』⇨『






-グレープカンパニー, サンドウィッチマン, 漫才
-,

Copyright© お笑いテキスト , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。