「面白い」は作れる!

お笑いテキスト




よしもとクリエイティブ・エージェンシー 千鳥 漫才

千鳥【歌が下手】

更新日:

千鳥『プロフィール』

お笑いコンビ(吉本芸人) 千鳥

結成年月:2000年 07月

(左)大吾
性別:男性
生年月日:1980年03月25日
身長/体重:170cm /60kg
血液型:B型
出身地:岡山県 北木島
趣味:酒/素潜り

(右)ノブ
性別:男性
生年月日:1979年12月30日
身長/体重:173cm /65kg
血液型:A型
出身地:岡山県 後月郡
趣味:釣り/サッカー
Twitter:NOBCHIDORI

https://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=98より引用



笑いの分類『知的な笑い』/サゲの分類『へん』

【関連】笑わせ方の根底にある「緊張の緩和」と「笑いの分類・サゲの分類」

漫才『書き起こし』と『ボケの種類』

【関連】ボケの種類 18種

【関連】笑いが起きる法則(フリ・オチ・フォロー)とは



ノブ『どうもー。千鳥です』

2人で『お願いします』

ノブ『言うてますけどもねー』

大吾『歌が下手やわあ』

ノブ『何を言い出したんやいきなり』

大吾『歌が下手なんよだからなあ、カラオケなんか行っても一生懸命歌っても笑われとる』

ノブ『あ、そうなんかなあ』

大吾『あんな恥ずかしいことないわ』

ノブ『じゃあ今日、こんだけのお客さん来てくれてんですから、お客さんの前で一曲歌を披露してやな』

大吾『ほう』

ノブ『音程がちょっと外れたなと思ったら俺がそこ俺が止めるわ』

大吾『あ、そうして』

ノブ『これ直していこう』

大吾『あの音痴な人っていうのはね、自分でどこが外れたかすら気づいてないから』

ノブ『気づいてないんですよねえ』

大吾『音が外れた瞬間に止めてもらってね。そこもっと高いよとかもっと低いよって言ってくれたら直るんよ、そうしよ』

ノブ『じゃあそれいきましょう』

大吾『簡単なんにしてくれ、下手くそやから』



ノブ『じゃあ簡単な童謡からいきましょうかね。森のクマさんっていう曲がありますから』

大吾『このぐらいなら子供の歌う歌ですから』スカシボケフリ

ノブ『ある日、森の中』クマさんに 出会った』

大吾『これぐらいだったら僕でも大丈夫』スカシボケフリ

ノブ『クマさんに出会った』

大吾『なんぼ下手でもいけますわ』スカシボケフリ

ノブ『これいきましょう。さんはい』

大吾『あ〜〜〜〜る〜う〜日ー』スカシボケ

ノブ『いや、癖がすごいわ。癖がすごい』

大悟『なにが?』

ノブ『癖』

大吾『癖?』

ノブ『うん。うん、その「日ぇー」とかないから』

大吾『あ、そこが低いんか』リアルボケ

ノブ『低いとか高いとかじゃないから』

大吾『いや、違うんじゃ違うんじゃ。そこが高いか低いかが全然分からんのじゃわし。それあんまり、(ノブの指をつまむ)』(動きボケ

ノブ『つまむな。怒ってる人の指をつまむな。聞いて俺の。「ある日、森の中、」』

大吾『歌いましたよね、僕ね。今ね、一生懸命ね』

ノブ『「クマさんに出会った」。はい』

大吾『あ〜〜〜〜〜〜る〜う〜日ー』かぶせ

ノブ『そこの癖がすごい。そこの癖がすごい』

大吾『低いんか?』リアルボケ

ノブ『低いとか高いとか、その「う、日ぃー」とかいらんから』

大吾『ああ、そうなん』

ノブ『ちょっと歌変えよ』



大吾『もっと簡単なんにしましょ』

ノブ『もっと簡単な歌、さっちゃんって言う歌がありますからね』

大吾『あ、これならね。小さい子供からお年寄りまでね』スカシボケフリ

ノブ『さっちゃんはね、』

大吾『一度は歌ったことある。これ僕も小さい頃よく歌いました』スカシボケフリ

ノブ『さちこって言うんだほんとはね』

大吾『これくらいやったら大丈夫』スカシボケフリ

ノブ『これいきましょう。さんはい』

大吾『んぁ、さちゃんはねえ〜』スカシボケ

ノブ『癖がすごいわあ』

大吾『今のはさすがに自分でもちょっと低い』リアルボケ

ノブ『低いとか高いとかじゃないから。さっちゃんはね、や。お前のは「さちゃんはね、」』

大吾『「ねいえい、さちゃんって言うんだ、さちゃんはね」』過剰ボケ

ノブ『(拳で頭を叩く)。すっごい出てるから癖が』

大吾『ああ』

ノブ『「さっちゃんはね」や?お前のは「さちゃんはね」』

大吾『「さちゃんはね、さちゃんて言うんださちゃんはね」』過剰ボケフリ

ノブ『それそれ。聞いて。「さっちゃんはね」お前のは、』

大吾『「さちゃんって言うんだ、さちゃんはねい」』過剰ボケ

ノブ『尻上がりの癖。尻上がりの癖。「いぇーい」じゃなしに』

大吾『「いぇーい」ってあってもええやろ』

ノブ『童謡の授業でおらんかったらやろ?「いぇーい」って言うてる子』

大吾『まあまあな』

ノブ『なあ?ちょっと一文字ずつ直していこう』

大吾『ごめんなさいね』

ノブ『まず「さっ」って言うてみ』過剰ボケフリ

大吾『ヘネ』過剰ボケ

ノブ『「ヘネ」はすごい。「ヘネ」はすごい癖。「ヘネ」まで行ったらもう分からんぞ』

大吾『そやなそやな』

ノブ『うん。「さ」』

大吾『ヘ』過剰ボケフリ

ノブ『「へ」じゃない。「さ」』

大吾『へ』過剰ボケフリ

ノブ『「へ」じゃない』

大吾『ヘネ〜』過剰ボケ

ノブ『ヘネー』

大吾『へ〜』過剰ボケ

ノブ『へー』

大吾『ネ〜』過剰ボケ

ノブ『ネー』

大吾『ごめんなさい。ちょっと緊張して』

ノブ『なんでえ?』

大吾『お客さんが見てるから。口が固まって。「へ」の口なってる』スカシボケフリ

ノブ『なんでそんなことになんねん』

大吾『ごめんなさい。ちょっと慣らして』スカシボケフリ

ノブ『落ち着けよお前。ちゃんと「さ」や』

大吾『(口を手で隠す)』スカシボケフリ

ノブ『「へ」の口よ』

大吾『ヘネ〜』スカシボケ

ノブ『ヘネー。ここの口角上がったらそら「へ」、』

大吾『ヘネ〜』タイミングボケ

ノブ『喋ってんねん。なにしてんねんお前は。「さ」や』

大吾『やっぱみんなが見てるから緊張して、ごめんなさいね。リラックスさせて下さい』スカシボケフリ

ノブ『なんや緊張するて』

大吾『(後ろを向いて)すごいリラックス』スカシボケフリ

ノブ『リラックス。あ、いける?』

大吾『「さ!」』スカシボケフリ

ノブ『出た』

大吾『「さ、さ、さっちゃんはね」』スカシボケフリ

ノブ『いいよ』

大吾『「さ、さ、」』スカシボケフリ

ノブ『いいよ』

大吾『「へ」』スカシボケ

ノブ『「へ」が出たー』

大吾『「ヘネ〜」』スカシボケ

ノブ『「ヘネー」。練習で「さ」が出ても、』

大吾『ヘネ〜』タイミングボケ

ノブ『喋ってんねん今俺が』



大吾『ちょっとごめんなさい』

ノブ『なんやねん』

大吾『体中に今、「ヘネ」がパンパンに詰まっとるから。「ヘネ」を一回出すことによって「さ」がすっと出るから。ごめんなさい、大きな「ヘネ」を全部出し切ります』スカシボケフリ

ノブ『なんですかそれは』

大吾『全部出します。(振りかぶって)スカシボケフリ「…ヘネ〜」』(スカシボケ

ノブ『薄い薄い薄い。薄い。「ヘネー!」って出せよ。7、8分コースやそれは』

大吾『(右足をつかむ)詰まっとる。ごめんなさい、ここ詰まっとるから。爪先からもう「ヘネ」が詰まっとる』裏切りボケフリ

ノブ『なんやねん』

大吾『叩いたら上がってきよるから。ごめんなさいね、変な時間取らせて』裏切りボケフリ

ノブ『すいません』

大吾『「ヘネ」が上がってきとるから、体中の「ヘネ」を出すから』裏切りボケフリ

ノブ『出せよ』

大吾『あー!来た来た!「ヘネ」来たよ!来たー!裏切りボケフリ「モゲ〜」』裏切りボケ

ノブ『「モゲー」が出たー。「モゲー」が出たよお』

大吾『出たなー』

ノブ『「ヘネ」の上澄みに「モゲー」があるよ』

大吾『「モゲー」があるから「モゲー」が出た後に「ヘネ」が出ますから』スカシボケフリ

ノブ『ちゃんとせえよ』

大吾『ごめんなさいね何度も。すごいわ。結局こっち「モゲー」ばっかりやわ』スカシボケフリ

ノブ『なんやそれ』

大吾『「モゲー」が上がって。やっぱ「ヘネ」も来たよ。「モゲー」が出るよ』スカシボケフリ

ノブ『まず「モゲー」ね』

大吾『「モゲー!」』スカシボケフリ

ノブ『よし』

大吾『「ヘネ〜」』スカシボケ

ノブ『「ヘネ」が薄い。「ヘネ」が薄いのよ。なんやそれは。「さ」や』

大吾『「さ」』タイミングボケ

ノブ『出るんかいすぐ。「さ」や』

大吾『「さっちゃんはね」』

ノブ『いいよ』

大吾『「さっちゃんはね」』スカシボケフリ

ノブ『そのままそのまま』

大吾『「さっちゃんはね」』スカシボケフリ

ノブ『はい、次』

大吾『「さちこって言うんだほんとはね』スカシボケ

ノブ『癖癖癖』

大吾『だけどちっちぇーから自分のことさっちゃんって呼ぶうーーんだよ』過剰ボケ

ノブ『喋ってる喋ってる』

大吾『可愛らしいじゃねーか、』過剰ボケ

ノブ『じゃねーか?』

大吾『かわひひひ』過剰ボケ

ノブ『ひひひ?』

大吾『「ヘネ」』かぶせ

ノブ『いや「ヘネ」はええわ。もうええわ、どうもありがとうございました』

おすすめ】種類分けした”ボケ集”ツカミ集”をまとめた『お笑いノート』⇨『






-よしもとクリエイティブ・エージェンシー, 千鳥, 漫才
-,

Copyright© お笑いテキスト , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。