「面白い」は作れる!

お笑いテキスト




よしもとクリエイティブ・エージェンシー 漫才 笑い飯

笑い飯【鳥人】

更新日:

笑い飯『プロフィール』

お笑いコンビ(吉本芸人) 笑い飯

結成年月:2000年 07月

左:西田幸治(にしだこうじ)
性別:男性
生年月日:1974年05月28日
身長/体重:170cm /57kg
血液型:A型
出身地:奈良県
趣味:ゲーム/大工
出身/入社/入門:1995年 NSC大阪校 15期生
Twitter:nishida0528

右:哲夫(てつお)
性別:男性
生年月日:1974年12月25日
身長/体重:173cm /68kg
血液型:A型
出身地:奈良県
趣味:スキー/花火鑑賞/モーグル
出身/入社/入門:2001年 入社
Twitter:waraitetsuo

https://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=95より引用



笑いの分類『知的な笑い』/サゲの分類『へん』

【関連】笑わせ方の根底にある「緊張の緩和」と「笑いの分類・サゲの分類」

漫才『書き起こし』と『ボケの種類』

【関連】ボケの種類 18種

【関連】笑いが起きる法則(フリ・オチ・フォロー)とは



西田『どうもー、笑い飯です。お願いしまーす』

哲夫『お願いしまーす。俺ら小ちゃい時ってなあ』

西田『うん』

哲夫『近所であのー、ヒヨコ売ってるようなとこってなかった?』

西田『はいはいはい、なんか夜店とかな?』

哲夫『なあ。で、ああいうとこでな「お父ちゃん、ヒヨコ飼うてや」って言ってもお父ちゃん、なかなかヒヨコ飼うてくれへんかったよね』

西田『そうそうそう。ああいう生き物はすぐ買ってくれへん』

哲夫『だから、ちょっと俺考えてんけど』

西田『うん』

哲夫『だから、そういう鳥好きの子どもにはね』

西田『うん』

哲夫『鳥人っちゅうのが見えたらいいのになと思ってね』

西田『え?なんやねんそれ?』

哲夫『え、鳥人言うてね。こう首から下は人間やねんけどな、頭はこう鳥になったあんねん。で、身なりはね、タキシード着とってやね。英国紳士みたいな雰囲気のやつやね。んーそれが鳥好きの子のとこやって来て、素敵なプレゼントをしてくれる訳やね』

西田『そんなん子供の前出てきて大丈夫なんか?』

哲夫『うん。大丈夫、大丈夫。じゃちょっとやってみよか』

西田『おう』

哲夫『ほなお前鳥好きの子供やってや』

西田『はい。「鳥飼ってや」て言うてくるわ』

哲夫『ほな俺、鳥人するからね』

西田『はいはい』



西田『「お父さーん、お父さん鳥飼って」』

哲夫『「君はいい子だね。僕は鳥人だよ」』

西田『「お父さーーん!」』

哲夫『「どうしたんだ?」』

西田『「お父さーん!」』

哲夫『「どうしたんだい?」』

西田『「お父さん!」』

哲夫『「君は鳥が好きなんだろ?でも、お父さんは飼ってくれないんだよね?じゃあ、君に良いものをあげようね」』

西田『「え?良いもの?」』

哲夫『「君にこのお父さんには見えないインコをあげようね」』なりきりボケフリ

西田『「えぇ!じゃあ、お父さんには内緒で飼えるね」』

哲夫『「うん。君にも見えないから注意するんだよ」』なりきりボケ

西田『見えへんのかい。意味ないがな』

哲夫『「僕にはぼんやりと見えるんだよ」』なりきりボケ

西田『お前は見えろよ、おい。もっとええもん持ってこいあほ』

哲夫『ええやろこういう感じ』

西田『だいたい分かったから』

哲夫『うん』

西田『俺ちょっとやらしてくれ』

哲夫『お前やんの?』

西田『お前ちょっと鳥見とけ』

哲夫『うん』

哲夫『「お父ちゃん、このヒヨコ飼うてー。えーあかんのなんでよ、これ飼うてよー可愛いやん」』

西田『「君は本当に鳥が好きだね」』

哲夫『「うん、鳥好きー」』

西田『「私は鳥人だよ」』

哲夫『「お父さーん!変なん来たよー!お父さん」』

西田『「見てごらん」』なりきりボケフリ)

哲夫『「え?」』

西田『「人間の体に鳥の頭が付いてるだろ」』なりきりボケフリ)

哲夫『「変な説明してくるよー!怖い」』

西田『「友達になろう」』なりきりボケフリ)

哲夫『いや、嫌やお前。周りの友達ドン引きするわ。そんなもん』

西田『「友達の証に、」』なりきりボケフリ)

哲夫『うん』

西田『「タキシードの胸元を開いて、人間の体と鳥の頭のちょうど境目を見せてあげよう」』なりきりボケ

哲夫『気持ち悪いねんお前。そんなもん子供、トラウマなるで。違う、あかん、お前鳥好き言うとけあほ』



西田『「お父さん、鳥飼って、お父さーん」』

哲夫『「ん〜焼き鳥のネギまって美味しいね。ん〜」裏切りボケフリ

西田『共食いしてるやん』

哲夫『「僕は鳥人だよ。君にこの残ったネギをあげようね」』裏切りボケ

西田『いらんわそんなもん。お前鳥肉しか食わへんのかい』

哲夫『「うううん。手前のネギは食べたんだよー」』

西田『どうでもええわ。ええわお前鳥やっとけ、鳥見とけほな』

哲夫『「はー、ヒヨコ可愛い、お父ちゃん飼ってよー。えーあかんの」』

西田『「君は本当に鳥が好きだね」』

哲夫『「うん、好きやでー」』

西田『「私は鳥人だよ」』

哲夫『「あー、お父さんまた来たよー!」』

西田『「お父さんは呼んでも来やしないよ」』リアルボケ

哲夫『いや、もう魔王みたいなこと言うてるやん。「お父さん、お父さん」のやつやで』

西田『「見てごらん」』

哲夫『「え?」』

西田『「人間の体に鳥の頭が付いてるだろ」』かぶせ

哲夫『「これ毎回言うてくんのー?さっきも聞いたでー」』

西田『「君のクラスに転入することにしたよ」』言葉遊びフリ

哲夫『「おい、やめてくれよお前。友達引くからー」』

西田『「出席番号は何番だと思う?」』言葉遊びフリ

哲夫『「んー何番よー?」』

西田『「チキン南蛮だよ」』言葉遊び

哲夫『いや、しょうもないなお前。あかんよ、鳥好きや言うとけお前』

西田『「お父さん鳥飼って、お父さん。あ、来た来た来た」』

哲夫『「鳥人だね」』なりきりボケ

西田『だねって何やねん』

哲夫『「見てごらん」』

西田『なんや』

哲夫『「人間の体にニワトリの頭と全く同じサイズの頭が付いてるだろ」』

西田『いや、そんな小ちゃいの付いてたん?』

哲夫『「これが鳥人の姿だよ」』

西田『気持ち悪い』

哲夫『「君に良い事教えてあげようね」』

西田『「え、なになに?」』

哲夫『「私が先日、畑でイチジクの実をつついていた時に、私に気付いた愚かな人間共は私のくちばしを縄で縛ったんだよ」』なりきりボケフリ

西田『「えー」』

哲夫『「私はその縄を手で取ったんだよ。手があるからねー!」』なりきりボケ

西田『「怖いよー!怖いよー!」』

哲夫『「こうすれば余裕だよねー」(クチバシから縄を抜く)』なりきりボケ

西田『「怖いよ、触られたよー!(哲夫に触られる)怖いよー!」』

哲夫『「余裕だよね」』なりきりボケ

西田『「触られたよー!」』

哲夫『「ね?抜けるよね。目ヤニをあげようね」』なりきりボケ

西田『いらんわあほ。お前鳥見とけあほ』

哲夫『「あー可愛い可愛い。あ、最悪や可愛いがってもうた。来よる」』

西田『「人間の頭に鳥が付いてるだろ」』かぶせ)(ながらボケ

哲夫『「説明しながら来たよー。はなから説明」』

西田『「君は大空を自由に飛びたくはないかい?」』スカシボケフリ

哲夫『「空飛びたいです」』

西田『「だったら私に捕まるといい」』スカシボケフリ

哲夫『「お、やったやった」』

西田『「飛べやしないけどね」』スカシボケ

哲夫『どないすんねんお前』

西田『「ここしか鳥じゃないからね」』スカシボケ

哲夫『あ、ほんまやわ。すぐ分かったわ』

西田『「これが逆の人鳥だったら良かったのにね」』言葉遊びフリ

哲夫『いや、逆は人鳥って言うんかい、覚えとこ。鳥可愛がれあほ』

西田『「あーもう、鳥嫌やな。鳥嫌いやもう。あ、来た来た」』

哲夫『「鳥進一だよ」』言葉遊びフリ

西田『なんやその名前みたいなやつ』

哲夫『「見てごらん。森進一の胴体に鳥の頭が付いてるだろ?」』言葉遊びフリ

西田『なんでそんなことなってん』

哲夫『「これが鳥進一の姿だよ」』言葉遊び過剰ボケフリ

西田『ほな森進一どうなってん?』過剰ボケフリ

哲夫『「森進一の頭は新沼謙二の胴体に付けてあるのさ」』過剰ボケフリ

西田『ほな新沼謙二はどうなってん?』過剰ボケフリ

哲夫『「新沼の頭は鳥に付けてあるのさ」』過剰ボケ

西田『1番可哀想やんけ』

哲夫『「君にその新沼人鳥をあげようね」』過剰ボケ)(言葉遊び

西田『いらんいらんいらん!気持ち悪い。鳥見とけお前』

哲夫『「あーもう嫌や。可愛がってもうた。最悪や来るよ」』

西田『「お待たせしたね」』

哲夫『「え?なにこれ」』

西田『「手羽進一だよ」』言葉遊びフリ

哲夫『いや、手羽真一ってなんやねん。千葉真一さんみたいに言うなあほ』(言葉遊び

西田『「千葉真一の両腕が手羽先だよ」』なりきりボケ

哲夫『気持ち悪いねん、もうええわ』

西田『どうも、ありがとうございました』

おすすめ】種類分けした”ボケ集”ツカミ集”をまとめた『お笑いノート』⇨『






-よしもとクリエイティブ・エージェンシー, 漫才, 笑い飯
-,

Copyright© お笑いテキスト , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。